投資哲学 ※ツイッターより

??、そもそも哲学って??

哲学

人生・世界、事物の根源のあり方・原理を、理性によって求めようとする学問。
また、経験からつくりあげた人生観。

ん~、なんかシックリくる。 不思議だね。
どうやったら儲かるか、相場参加者全員が分かってるのに。
各々の人生のスピードや環境で、殆どの人が焦り、見失う。
いや、違う、他にも原因が有る。
詐欺師的な情報操作、新株発行。
※ああ、新株発行は上場自体を否定する事になるから保留。
相場の上がり下がり。
上昇に伴って資本が増え、一番上で一番多く買っているので、信用を使っていると倍返し確定。
若い頃に焦って失敗するのは、とっても理解できる。
だけど、ここが全てなんだよね。
投資金を第一投目に全部入れるのと同じ感じ。

負けが確定してる

最後まで成長できる進み方は、粋がらず、身の丈を知り、足るを知り、絶対に勝ち切れる計画で戦う事。
いかに自分を抑えれるか?
いかに自分を磨けるか?
結果は自ずと現れてくる事を知っていれば、自信を持っていれば、生きている=成長に出来るはずなのに、「バフェットになる」と粋がり、第一投目に全額入れる。
それだけならいいが、信用枠で全額買う。
絶対に勝つ奴は、資本の1/10、いや銘柄も分けて1/50かもしれない。

資本100万円で 300万円 VS 2万円

本当にスピード感がこれほど違う。
「兎と亀」
若い頃は理解できない。
アホか!わかっとるわ!って。
金持ちK氏、銀座で飲み、シャンパン数本空けて、12時前なら電車で帰る。
お金が無い私は、席でその話をするのが恥ずかしい。
お金が有るK氏は、恥ずかしい事だと思っていない。

本当のプライド 「勝つ事がプライド」

戦う姿が格好悪い。
若い時に格好つけれないと恥ずかしい、遊びたい。
若い方で現在儲けている、成功している方。
そのまま孫さんになれるなら、素晴らしい・・が、人生は全く甘く無い。
悪徳金融でもやって自分の家族を守れるなら、他人を傷付けても良いと思えるなら、正直、お金に困らない人生を送れるかもしれない。
だけど「因果応報」。
この法則からは逃れられない。

ようは「苦労が宝」

焦らず、周囲の他人の為に頑張る。
格好をつけず、粋がらず、謙虚に「絶対に勝つ」。
そう、「絶対に勝つ」にこだわって生きれれば・・、いや言い切れない。
哲学か・・( ꒪⌓꒪)