日経関連指標と景色 2021/05/22

日経平均(現在値) 5/21 15:00

日経平均 28,317.83 +219.58(+0.78%)

米国10年債 5/22
1.620 -0.009(-0.52%)

海外投資家動向 木曜17:30更新
-4215億

空売り比率 5/21
41.6%

日経VI 5/21 15:20
23.05

日経PER 5/21
13.79

日経PBR 5/21
1.21

日経平均株価テクニカル

移動平均乖離率 25日(5/21)
-1.86

騰落レシオ 25日(5/21)
86.60

RSI (5/21)
43.51

信用評価損益率(松井証券会社)

マザーズ
買い評価損益率(%) -18.379
売り評価損益率(%) -2.490

日経
買い評価損益率(%) -7.981
売り評価損益率(%) -14.461

景色

通常ボックス圏

上限   28500
日銀死守 26000
下限   23500

関連指標は充実の一途をたどっております。
ただ上への水準調整が起こらなければ、ここが上限。
ここ数ヵ月は水準調整による1ランク上のBOX形成で、通常ボックス圏の上限を下限とし動いておりました。

225先物の夜間終値28390円は正に分かれ目です。
私はとても高い確率で↑↑方向に行くと感じています。

上限 33000円
下限 28500円

上に行ってくれるなら良しとして、問題は下ですね。
下の場合、私は「日銀死守ライン」を強い目処とし、それ以下は短い期間になると読んでいて、対応無しの放置予定です。

東北大震災やコロナ級の未曽有の事態が起きれば、最悪18000円辺りを見に行くことになるでしょう。
だけど復活しなかったことは、過去に一度も有りません。

トレードにおいてマイナス思考は最強悪。
一切排除し、ただ数字に合わせ最良の対応で進んでまいりましょう。

勝利あるのみ!で御座います。