低位株攻めの利点

nisai Twitterより

実は長年、低位株で食ってきた私(nisai)

最近止めていたのですが、たかひろさん銘柄を見てると「確かに効率良いな」って優位性の存在を再認識。

今になって分かる低位株トレードの利点

それは「一噴きで利確する」部分。
これって今まで気付かなかったけど、とても良い部分。

過去は「持続できない、粘れない、ダメだな・・」って考えていました。
でも今では「だから利益が積まれたのか・・」って。
やっとメカニズムを理解できた次第。

通常、銘柄に惚れて粘ってしまい、持っているだけで上下上下。
で悪材料・・みたいな。
決済は常に「諦める時」みたいな。

低位株だと

・とにかく動いた時の率が良い。
・下値が浅い。
・銘柄に惚れてないので、一噴きで利食える。

結局、利益を積んで行けるんですよね。
私の長年の売買履歴でも「今年も結局は低位株しか儲かってないじゃん・・」ってのが定番でした。

陥りやすい勘違い

新興グロース系の動いている派手なモノは、結局「トレードやってる感」の満足感だけで、良い想いをしても悪い結果の方が上回り・・みたいな現実。

ちょっと本質に戻りますかね?
「低位株」と「急落株」。

お~得意科目・・。

たかひろさんに感謝しなきゃ😍

作成者 nisai