低位株の選び方

低位株スクーニング

過去の投稿で低位株の事をある程度説明してきました。
では私の場合、どうやって投資する低位株を決めるか書いていきたいと思います。

まず低位株のスクーニングをします。
私の場合下記のサイトを使ってます。

銘柄スクリーニング:投資ツール - トレーダーズ・ウェブ(株式情報、FX情報)
トレーダーズ・ウェブは、株式・FX情報を配信する総合投資情報サイトです。株式ニュース、FXニュース、中国株ニュース、株価、チャート、経済指標はもちろん、レーティング、話題の銘柄、225先物手口、IPO情報といった人気の株式情報も無料で提供しています。

そこで終値500円以下、時価総額100億以下の条件を入れます。
そこで出てきた銘柄を、私の場合、松井証券のアプリ(ネットストックハイスピード)の銘柄登録に入れていきます。
※私は低価格の物から入れます。

400弱ぐらいあるので50銘柄ずつ分けて入れていきます。
そしてマルチチャートボードと言う画面を出すと、以下の様な画面が出てきます。

そうするとヨコヨコで、時々ちょこちょこ上髭を出してる銘柄が見られると思います。
その様な銘柄を見つけたら、書きだしたりチェックしておき、後で大きなチャート等で週足等を確認するのもいいかもしれません。

それと上髭を出した時に、その銘柄がその時に材料を出したのか?確認します。
もし出してなくて上髭を出してのであれば、仕手が入ってる可能性があります。
それとある一定の間隔で材料を等を出してる銘柄もあるので、その辺も見てみましょう。

スクーニング終了後

そして選び終わったら、四季報等でその銘柄が何をしてる会社か?
その他、時価総額、一株純資産等(BPS)も調べましょう。
一般的には「一株純資産」が高い方が売られにくいと言われてます。
投資するなら高いのが理想ですが、低位株の場合疑義注記等がついていても関係なく噴き上げることが多いのです。
その辺りは経験もありますが、もし心配ならBPSの高いものに投資しましょう。
それと増資中や増資癖があるような会社もありますので(増資のすべてが悪いわけではないが)、その辺も見ておくといいでしょう。

まとめ

今日は低位株の選び方を書いていきました。
簡単そうに見えても、中々奥深い。
銘柄選び、もし難しいと思われるならtwitterなどで低位株の銘柄を呟いてる垢をフォローして(私もそうであるが)その呟かれてる銘柄を調べて見るのもいいかも知れませんね。

次回は「低位株の落とし穴」について書いていきたいと思ってます。
お楽しみに!!

 

作成者 たかひろ