フィンテック グローバル (東証マザーズ : 8789)

現在値 70円
時価総額 141億円
PBR 1.93
赤字大きめ

仕手株+バリュー@2019-10-13 11-26-33 フィンテックグローバルの下方修正と現状チェック

下落ランキングをチェックしていて見つけました。
ツイッターで「 ムーミンムーミン」でよく見かけてましたが、この事だったんですね。

たった今、決算書をチェックをしまして、正直、良くありませんでした。
イメージ的には「借金が莫大増えて、さらに営業で赤字が出る」と言う非常に厳しい状態です。

テーマパークは本当に難しい。

ではなぜこのタイミングで取り上げたか?

こういった暴落時に内容を確認すれば、到底買えないものが多い現実。
それでもなぜか株価が反転していくものも多い。
今までの私は「強烈な反転」を指をくわえて見ていましたが、今は違う。

落下速度や価格帯、それと話題性。
バシッと「30円ストップ高」とかあってもおかしくない状況だと感じ、取り上げた次第です。

日足、いや1日線で判断

いつ反転が始まってもおかしくないような急落状況にあります。
こういう場合、日足で好転の足が出れば数日間上げるケースが多い。
注意)今回は業績が悪いことが分かっていますので、急落に対しての自律反発を狙ってみるかな?程度の話です。

狙い方

1分や3分足を見ながら一日線(3分や5分で75本線、あくまでも各自の目処)を上抜けたら買う。
そして上手く乗れたとすれば、次は日足を見ながらの判断になります。
そしてさらにうまく乗れたとすれば、25日移動平均線が目処になります。
そしてさらにうまくいったとすれば、25日線を下支えに、できるだけ持ち続ける。

前回のスタジオアタオなら本当に実現するかもしれない「下から上まで獲る手法」です。
今回は一時的な反発を狙います。
この後は Twitter でマメにお伝えしたいと思います。

PER-9.14
PBR1.93
予想配当利回り(%)0
ROE(%)-21.07
ROA(%)-10.99
時価総額(10億円)14.08
今期経常利益変化率(%)NA
過去3年平均売上高成長率(%)2.93
売上高経常利益率(%)-20.24
業績予想修正率(%)-178.08
自己資本比率(%)52.17
株価25日移動平均からの乖離率(%)-26.41
株価75日移動平均からの乖離率(%)-31.18
平均売買代金(100万円)208.82
過去60日ボラティリティー(%)60.04
ヒストリカル・ベータ1.18
過去14日RSI11.9
信用残/売買高レシオ3.61

 

作成者 nisai